top of page

失禁関連皮膚炎(IAD: incontinence associated dermatitis)を科学する37

皮膚カンジダ症の疑いがある場合

真菌感染の有無を診断するために、専門医にコンサルテーションする。

真菌感染が認められれば、適切な外用薬での治療が大切。

過度な湿潤環境を避けるために、速やかなおむつ交換などの排泄ケアを実施する。

スキンケアの見直しを行い、正しいスキンケアを実施する。

Comments


bottom of page