top of page

鬱滞性皮膚炎・潰瘍を科学する2




皮膚病変や潰瘍形成の主因は静脈機能不全によるものです。


表在静脈逆流や不全穿通枝,深部静脈血栓後遺症などにより


・表在静脈系の内圧が亢進し皮膚軟部組織高静脈症となります。


毛細血管からの酸素や栄養の拡散が障害され組織虚血や皮膚全層の

慢性炎症が持続し,発赤,色素沈着、脂肪織結節炎 などの皮膚病変が

生じ掻痒感や圧痛などを呈します。

そしてこれら皮膚病変に掻破や外傷が加わることで難治性の潰瘍が生じます1)


局所性皮膚軟部組織高静脈圧症であるYou Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

 

# 在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

 

Comentários


bottom of page