top of page

褥瘡を科学する25


ポケットがあり浸出液が多い褥瘡に対して軟膏を使用する場合、ポケット内に軟膏が残存することによる感染に注意する必要があります。また、壊死組織を除去しながら滲出液の吸収力が高い薬剤として資料のような外用薬が挙げられます。

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

最新記事

すべて表示

褥創治療: 体圧管理と湿潤開放療法の重要性

褥創にガーゼを当てるということはよく行われていますが、あまりよくない処置です 褥創治療においては、褥創はなぜできるのか?傷が治るとはどういうことなのか?を考えなければなりません。 ①褥創はなぜできるのか?廃用が進んだりで寝たきり状態になり寝返りができなくなると、体の一部分(特に骨の出っ張った部分)に圧力(体圧)がかかり、皮膚に血液が流れなくなり、皮膚が壊死することでできます。 つまり、褥創の治療ま

Comments


bottom of page