top of page

栄養管理を科学する

経管(腸)栄養は何故重要であるか?

下図は見ると栄養療法の重要性が分かるかと思います。

正常な小腸粘膜と比べ、絶食における小腸粘膜はボロボロになります。

そして腸管は、様々な細菌が存在します。これにより傷んだ小腸粘膜ではバクテリアルトランスロケーション=細菌の体内への移行、つまり身体に細菌が侵入しやすい環境となってしまいます。つまり腸管を使った栄養管理は、正常な小腸粘膜によりバクテリアルトランスロケーションを防ぐ働きがあります。



最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page