栄養管理を科学する

経管(腸)栄養は何故重要であるか?

下図は見ると栄養療法の重要性が分かるかと思います。

正常な小腸粘膜と比べ、絶食における小腸粘膜はボロボロになります。

そして腸管は、様々な細菌が存在します。これにより傷んだ小腸粘膜ではバクテリアルトランスロケーション=細菌の体内への移行、つまり身体に細菌が侵入しやすい環境となってしまいます。つまり腸管を使った栄養管理は、正常な小腸粘膜によりバクテリアルトランスロケーションを防ぐ働きがあります。