top of page

心不全を科学する

心不全に処方してはいけない薬剤の各論として下記処方が、本来心機能回復目的としての投薬でありますが、有害な作用を引き起こす薬剤です。とりわけ私見ですが、

非ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬であるジルチアゼム塩酸塩、ベラパミル塩酸塩などは漫然として使用されている場合あり、注意が必要です。また、ジゴキシンは

有効血中濃度が狭く有効域下限くらいで使うのが適切とされています。

#高齢者心不全

#心不全患者に投薬してはいけない薬剤

#在宅診療

#心不全の新しい治療

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療



Kommentare


bottom of page