パーキンソン病を科学する


パーキンソン病治療は、上記のように誰でも治療可能➤工夫が求められる➤どうやっても難しいという時期に分類できます。

そして在宅医療に移行するのは、通院困難となる工夫が求められる時期から、どうやっても難しい時期に治療を委ねられます。

つまり、在宅医療医はパーキンソン病治療に関してより深い知識と経験が要求されると私は考えます。

そして、外来通院時より病状改善した場合、とても感謝されることも、在宅医の醍醐味と私は考えます。