top of page

がん緩和ケア医療を科学する37


がん終末期に起こる吐き気の原因と対策について

在宅医療にて一番注意しているのは腸閉塞(イレウス・サブイレウス)です。

1.腸閉塞(イレウス・サブイレウス)に対してはステロイド投与、胃管チューブの挿入、オクトレオチド投与などにて対応します。※PTEG

2.便秘に関しては、前回述べた通りです

3.電解質異常は補正行います

4.脳転移はグリセロール、ステロイド投与など行いますが在宅にては治療選択が限れてきます

5.医療用麻薬を含む薬剤は、制吐剤などの併用を行います

6.心理的要因においては抗不安剤などが奏功する場合が多いと考えております

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

 

がん終末期に起こる吐き気

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

#在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

Comentários


bottom of page