top of page

入浴中の突然死~ヒートショックの本当の原因は

ヒートショックの原因として寒い脱衣所や洗い場では交感神経が高まり、血圧上昇により心血管イベント(心筋虚血、不整脈、脳内出血)が増加するとされています。しかし、実際脱衣所や洗い場で亡くなる人はわずか(3.4%)であり、浴槽内で見つかることが圧倒的に多いのです(93.7%)。Journal of Nara Medical Association Vol.56 No.5-6 p.235-246

また剖検症例では死因として溺水が多く、虚血性心疾患や脳血管障害の所見が得らないことが多いと報告されています(黒崎久仁彦他:“入浴中急死例における死因決定 の現状と問題点”, 法医学の実際と研究,Vol.45, pp175-180, 2002.)溺水の原因として皮膚が温まり、皮膚血管が拡張し静脈還流が減少します。これに伴い血圧が低下しますが、高齢者ではこうした場合においても血圧を上昇させる代償機転が良好に働きません。いわゆる「のぼせ」です。そのため血圧が低下し、意識が朦朧とします。これに伴い身体ずり落ちて溺水することが推察されています(13園 心臓性急死研究会 東 京 都23区 内 にお け る 入 浴 中 の死 亡)。こうした溺水を防ぐためには、洗い場や脱衣所を暖めることです。温度の低い状態にて身体冷えて、熱いお風呂に長くはいり『のぼせ』の状態を避けるには、やはり洗い場や脱衣所を暖めることが重要と考えられます。

写真は逗子在住山内明徳様撮影

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Commentaires


bottom of page