top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 8

高度腎機能障害のある患者において、どのオピオイドを使用すればよいか?

在宅医療において高齢者が対象となる場合が多く、腎機能不全の患者さんにオピオイドを使用しなければならない時があります。

➤こうした場合、高度腎機能障害のある患者(eGFR30未満)の癌疼痛患者においては

 フェンタニル、ブプレノルフィンの投与が推奨されます。ただし、こうした患者さんにおいては呼吸障害を併存している場合も多く、モルヒネの選択肢をどう取り扱うかという問題もあります。臨床は、ガイドラインのみでは行えない側面と考えます。

*ブプレノルフィン投与は高度腎機能障害×他オピオイドが使用できない場合に限定



#さくら在宅クリニック

#がん緩和ケア

#腎不全患者のオピオイド

#在宅医療医に必要ながん治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comments


bottom of page