top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 23

非小細胞がんのⅢB~Ⅳ期における治療は切除不能であり、

化学療法が主体となります。

具体的な標準としてはプラチナベース(プラチナタブレット)であり、プラチナ製剤にタキサン、ゲムシタビンなどを併用(腺がんはペメトレキセド)します。奏効率30%であり、SDも30%程度であり約半分以上に効果ある治療となります。

標準治療ができない症例は、プラチナ以外単剤療法であり、その奏効率は約10%程度となります。

化学療法が主体となります。

具体的な標準としてはプラチナベース(プラチナタブレット)であり、プラチナ製剤にタキサン、ゲムシタビンなどを併用(腺がんはペメトレキセド)します。奏効率30%であり、SDも30%程度であり約半分以上に効果ある治療となります。

標準治療ができない症例は、プラチナ以外単剤療法であり、その奏効率は約10%程度となります。


#さくら在宅クリニック

肺癌

#肺癌の治療

#非小細胞がんの化学療法

#非小細胞がん

#在宅医療医に必要ながん治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

コメント


bottom of page