top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 11

癌疼痛のある患者に対してオピオイドにおける鎮痛補助薬のポイントとして下図のような治療薬があります。

私見ですが

プレガバリンは膵癌の腹腔神経叢浸潤、脊髄神経-末梢神経圧迫に鎮痛補助薬は有効と考えています。そして副次作用としての眠気はミロガバリン<<プレガバリンと考えています。

#さくら在宅クリニック

#がん緩和ケア

緩和ケアにおける鎮痛補助薬

#在宅医療医に必要ながん治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comentários


bottom of page