top of page

認知症を科学する

認知症の臨床診断にはFASTという評価が有用です。

そして、この評価法から2つのことが読み取れます。

1つは認知症とは、神経細胞が変性し、脳の機能が成長を遡っていく過程を示すことです。

認知症の患者さんは、進行するにつれて邪気のない子供へ還っていきます。

二つ目は、認知症と診断される前段階の軽症の病態に多くの高齢者が当てはまるということです。

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります


最新記事

すべて表示

認知症の中核症状と周辺症状の理解

それまで日常生活において特段問題なかった患者さんが入院により、認知機能障害が顕在化することがよくあります。認知症という言葉は、非常に一般的ですが、この病気は様々な特徴ある病態により病名が異なってきます。また症状においても中核症状と周辺症状と呼ばれる病状です。周辺症状は BPSDとも呼ばれます。BPSDは(Behavioral and psychological symptoms of dement

Comments


bottom of page