top of page

栄養管理を科学する

栄養障害と低栄養をの違いは?

下図のアルブミンとCRPの値が端的に示していますが、箇条書きにすると

・単純な低栄養なら栄養補給で栄養状態は改善する

・炎症を伴う栄養障害があると栄養補給を増やしても栄養状態は改善しない

・炎症を鎮静化させること、根本的な原因を解決しなければ栄養状態は改善しない

上記を意識しながら栄養管理することがとても重要と考えます。


最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page