栄養管理を科学する

摂食嚥下リハビリについて

病因における摂食嚥下リハは充実傾向にあります。

これは脳卒中回復期を対象とした、訓練・リハビリが有効であることによります。

一方、施設・在宅での摂食嚥下リハは未整備です。

その理由として症状が固定されており訓練・リハビリが無効な場合が多いことによります。

結論として、在宅診療に病院での訓練・リハビリを持ち込んでもうまくいかないことになります。