top of page

心不全を科学する

心臓とは身体にエネルギーや酸素を運ぶポンプです。そして、酸素の運び役は赤血球であり、この値が下がると必要な酸素を運ぶため沢山稼働=負荷がかかります。つまり貧血=心負荷を伴い心不全の原因となります。

ATTEND研究、JCARE-CARD研究登録患者の約60%に貧血があるとされています。では

心不全患者さんに何故貧血が生じるのか?理由として下記のものが挙げられます。

  • アンギオテンシンⅡによる骨髄での赤血球産生抑制

  • ACE阻害剤、ARBによる骨髄での赤血球産生抑制

  • 腎障害による腎性貧血(エリスロポエチンの利用能低下)

  • 腸管浮腫による鉄、ビタミンの吸収障害

  • ヘプシジンによる鉄の利用障害(鉄欠乏性貧血)

  • 老年症候群による食欲減退

#高齢者心不全

#貧血と心不全の関係

#在宅診療

#心不全の新しい治療

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります。


Comentários


bottom of page