心不全を科学する

肺うっ血の生じる機序は、体循環の血漿量減少=身体が脱水と勘違いに伴いレニンアンギオテンシン系↑にて水分が貯留する方向に走るslow pathway

体循環の血漿量減少=身体が脱水と勘違いに伴い、人体の血液の90%を貯留している静脈プールから血液の移動central shiftにより

有効循環量が増加しうっ血を生じるfast pathwayがあります。

特にfast pathwayの分かりやすい症状として交感神経↑にて末梢が締まり手足が冷たくなるのは、心不全患者さんを診ていると誰もが経験することかと思います。

酸素飽和度も末梢が締まり、計れなくなります。在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります