top of page

多愁訴に半夏厚朴湯が著効した症例

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)はいわゆる「ヒステリー球」という、喉に何かが詰まったような違和感に効くとされている漢方薬です。

当院の患者さんで、半夏厚朴湯がよく効いた患者さんがいたので報告します。

症例:90代女性

診察の度に、「喉が詰まる」「トカトカする」「夜中に起きてしまって眠れない」「トイレが近い」「胸がつかえる」「セーターの裏に虫がいる」「踵が痛い」などのさまざまな訴えがありました。

これらの症状に対しては西洋薬で対応していましたが、それほど効果は実感できませんでした。とある診察時に思い立ち、半夏厚朴湯を処方してみました。すると、2週間後の診察では、上述したさまざまな訴えが全体的に減りました。

この方は、もともとたまに胸痛があり、その都度ニトロールを使用していました。ニトロールの代わりに偽薬を使っても効果があるという、心理的要因が強いと思われていた方でした。半夏厚朴湯を処方してからは、胸痛もなくなり、ニトロールもほとんど使わなくなりました。

本症例のように、咽喉部の違和感に加えて、胸痛などの狭心症様症状、動悸、頻尿などに心理的要因が関与していると思われる場合は、半夏厚朴湯を試してみると良いかもしれません。甘草が含まれていないこともあり、副作用はそれほど気にしないで処方できます。

また、半夏厚朴湯には誤嚥性肺炎の予防効果もあると言われているので、高齢者にはそれを狙って処方もできます。

#在宅医療における漢方 #高齢者の不定愁訴 #逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療 在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

逗子、葉山、横須賀、鎌倉を撮影される山内様の写真です

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Comments


bottom of page