top of page

壊死性筋膜炎を見逃すな!

脳外科医として病院勤務していた頃、脊椎の手術も行っていました。

特に静岡での勤務時代には整形外科医で高名な脊椎外科の先生が脊椎センターを立ち上げ、その末席で脳外科医として週1回の外来と年間で40-60件程度の脊椎の手術をしておりました。ただ、外来の大半は腰痛の患者さんなのですが、一度手痛い見逃しを経験しました。尋常でない腰痛を訴えていたのでCT撮影にて脊椎や関節ばかりを診て、軟部組織(筋肉など)をよく診てなく壊死性筋膜炎を見逃していました。幸い、その病院は放射線読影医が7-8名おり、リアルタイムで情報共有してくれるので、PHSから「先生、この患者さん壊死性筋膜炎ですよ」という神の声にて救われました。前置き長くなりましたが

若年(40-60代)×糖尿病=尋常でない腰痛では壊死性筋膜炎を見逃すな!としております。

壊死性筋膜炎”に関するBMJのレビュー

BMJの"壊死性筋膜炎"に関するレビューから"Learning Points"だけまとめました。 Necrotising fasciitis BMJ 2012; 345 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.e4274 (Published 20 July 2012) ・壊死性筋膜炎は致死的で急速進行性の軟部組織感染症であり,健康な若い人に起きる ・インスリン注射使用中の糖尿病,血液悪性疾患は特にリスクが高い ・診断には強い疑いを持つことが必要。「何かおかしい」あるいは治療にはんおうしない場合は特に壊死性筋膜炎を考える ・早期の外科的な検索(生検)は合併症が少なく確定診断と治療促進への唯一の道である ・診断が確定すれば外科的手術での生存率は60〜80%。より速い生検とデブリードマンが切除範囲の拡大や術後の後遺症を減らす。

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

逗子、葉山、横須賀、鎌倉を撮影される山内様の写真です

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Comments


bottom of page