top of page

2022.8.5『栄養管理を科学する』としてセミナーを開催させて頂きます

更新日:2022年7月16日



縄文時代の人類の平均寿命は凡そ15歳、戦前のそれは50歳前後だったそうです。

そして現在人生100年時代に突入しています。

ヒトの寿命に大きく貢献したのは栄養状態の改善であることは間違いありません。


そして在宅医療において適切な栄養管理とは?どうすれば誤嚥を防ぐことができるか?食べられないときは、どうすればよい?これら自身の臨床医として困ったことを一問一答形式にて分かりやすく知識共有できればと考えております。


高齢者医療において栄養管理は、1丁目1番地の課題でありながら、医学教育において系統的な教育が抜け落ちている領域と考えます。人は新しい知識に飛びつきやすいものですが、人類の寿命を延ばした最も大切な領域をもっと深く知るきっかけとなれたら幸いです。


8月より当クリニックの理念に共鳴してくれる医師も増え、さらに地域の皆様の力になりたいと考えております。

『患者様第一』の理念から決してブレないよう診療行ってまいりますので、発展途上の我々チームへのご指導を何卒宜しくお願い申し上げます。

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page