top of page

鬱滞性皮膚炎・潰瘍を科学する6

鬱滞性皮膚炎・潰瘍に関してまとめると下記になります


静脈性潰瘍に対する圧迫療法は在宅医療においても有用

アドヒアランスは高く比較的安全に行える

事前のABIチェックは大切

保湿を含めた皮膚の保護も大切

心不全患者に対しては慎重な対応が必要


正しい圧迫療法を継続するためには


訪問看護師の皆様との協力が不可欠である

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

# 在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

Comments


bottom of page