top of page

高齢者の転倒リスクを17%低減!高強度のバランス訓練が効果的#

転倒に対する運動介入の効果

この論文は、高齢者の転倒予防に関するRCTのメタアナリシスです。

結論として、運動により転倒を17%減らせるようです。

上の表を見てもらうと分かるように、転倒予防に最も効果が高かったプログラムは、高強度の運動介入(50時間を超える)でかつウォーキングを含めないバランス訓練を含むプログラムでした。(RR 0.58)

バランス訓練が転倒予防に効果的なのも分かりますが、驚くことに、バランス訓練をしないでウォーキングをすると逆に転倒が増えるのです。(RR 1.20)

すなわち、転倒リスクの高い高齢者に、安易に「歩け」というのは無責任な対応になるのです。


You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より


#高齢者の転倒リスク#17%低減#高強度のバランス訓練

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります


最新記事

すべて表示

骨粗鬆症治療薬と高カルシウム血症の対策

エルデカルシトールに関して「エルデカルシトールによる高カルシウム血症と血液検査の遵守について」という文章が配布されました。 このような文章が配布される背景には、エルデカルシトールによる高カルシウム血症の症例が相当数あり、大きな問題になっているのではないかと推察されます。 骨粗鬆症治療薬であるエルデカルシトールは、同じ活性型ビタミンD₃製剤である、アルファカルシドール、カルシトリオールに比べて、骨密

Comments


bottom of page