top of page

高齢者の誤嚥性肺炎の診断スコア

在宅医療における高齢者において肺炎は非常に起こりやすい感染症の一つです。人は無意識に嚥下をしてますが、これは何も食事をしているときばかりでなく、寝ている時も唾液などを無意識に嚥下しています。嚥下をするという機能も脳からの命令で行われているものであり、様々な機能低下の一貫として嚥下機能の低下も高齢者には起こります。重症感染症の場合は、速やかに連携医療機関にて治療することが最善です。但し、高齢者のくすぶる誤嚥性肺炎は、繰り返します。また入院により環境変化は認知機能低下や廃用萎縮など2次的な弊害も起こりえます。こうした悩みに関して肺炎治療を外来でするか、入院でするかについていい指標があります。CURB-65というスコアリングです。頭文字を一つずつとっています。

Confusion:意識障害

Urea : BUN 20mg/dL 以上

Respiratory Rate:呼吸数 30回/分 以上

Blood Pressure:血圧 90/60mmHg 以下

65:65歳以上

死亡率:(0~1点)2%、(2~3点)15%、(4~5点)50%

2点以上なら入院治療が望ましいと言われています。

Urea以外は、バイタルサインだけで判断することができます。バイタルサインの重要性が改めて分かります。訪問診療を受けている患者さんは、ほとんどが65歳以上なので、この時点で1点。つまり呼吸数が30回/分以上か、収縮期血圧が90以下など呼吸が荒い、血圧が低いなどの所見ある場合は入院適応と考えられます。しかし、この基準はあくまで目安であり、基準以下でも社会的な理由で入院となることもありますし、逆に基準を満たしていても、そもそも看取り段階の場合は在宅で加療することもありますので、ケースバイケースでの対応となります。そのほかスコアとしてCRB

Confusion:意識障害

Respiratory Rate:呼吸数 30回/分 以上

Blood Pressure:血圧 90/60mmHg 以下

という、もっと簡便なスコアもあります。またA-DROP

Age:男性70歳以上・女性75歳以上

Dehydration:脱水 BUN≧21mg/dL

Respiration:SpO2≦90またはPaO2≦60Torr

Orientation:意識障害 Pressure:収縮期血圧≦90mmHg

覚えることが多く嫌になりますね。

#在宅医療における誤嚥性肺炎診断 #誤嚥性肺炎の診断スコア #逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療 在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります


最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Comments


bottom of page