top of page

高齢者の薬の量の調整について

高齢者は腎機能が低下している方が多く、腎臓で代謝される薬を内服した場合、薬の血中濃度が上がってしまうため、腎機能によって薬の量を調整する必要があります。腎機能が低下しているかどうかが分かるのは血清クレアチニン値ですが、クレアチニンは筋肉の代謝産物のため、筋肉量の少ない高齢者では低く出てしまい、実際の腎機能を反映しません。腎機能を正確に評価するためには、クレアチニンクリアランスを測定しなければなりません。実際に、添付文書では、クレアチニンクリアランスを元に薬の投与量が設定されていることが多いです。

クレアチニンクリアランスを調べるのは大変ですが、下記の式(コッククロフト・ゴールトの式)で推定できます。

クレアチニンクリアランス推算式 男性:(140−年齢)×体重(kg)/(72×血清クレアチニン値)   女性:(140−年齢)×体重(kg)/(72×血清クレアチニン値)×0.85

この計算式は覚える必要はなく、ネット上やアプリに計算ツールはたくさんあるので、簡単に求めることができます。

血液検査の報告では、自動的にeGER(推算糸球体濾過量)が出てきますが、この値をクレアチニンクリアランスとしてしまうと失敗します。eGFRは標準の体格であると仮定した時の腎機能であり、体格の小さな高齢者で計算すると、腎機能を過大評価してしまい、薬の過剰投与につながります。私自身もついついeGFRにて評価しがちですが、きちんとクレアチニンクリアランスにて評価したいと考えております。

写真は逗子在住山内明徳様撮影

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Comentarios


bottom of page