高齢者の発熱について

脳卒中などで意識状態が清明でない患者さんなどにおいて、発熱は常につきまとう症状です。人は寝ている間も無意識下に嚥下しています。これは唾液もそうですし、食事した際の食べ物や胃液が逆流してくる場合も同様です。こうした患者さんに都度検査や抗生剤の使用を行うことは患者さんの負担になり、菌交代などによりかえって悪いことを引き起こします。ただし、施設や自宅で患者さんを診ている場合、どの様な時に連絡すればよいかがとても心配です。基本的には「38℃以上になれば連絡してください」というのが安心頂け目安となると考えます。但し、他バイタルと協同して患者さんの重症度を評価する必要があります。具体的には38℃以上の熱がでている方がいた場合、脈拍や呼吸数に注目する必要があります。具体的には脈拍が90回/分以上だったり、呼吸数が20回/分以上の場合は、重症の可能性があります。これはSIRS(全身性炎症症候群)の診断基準です。因みに最近のスマートウォッチ(アップル ウォッチ)は酸素飽和度(体内の酸素取り込み量)も計れます。さらに心電図機能まで、私自身もこれらの機能がどれほど有用か調べるため、人生で初めて腕時計をつける習慣ができました。スイムの100mあたりのスプリットタイムまで記録してくれる優れものです。