top of page

踵部の褥瘡に関するクッション材の提案(在宅医療における褥瘡管理)

アルツハイマー型認知症の患者さんで誤嚥性肺炎起こし、ベッド上での生活が長くなり踵部に黒色壊死を生じてしまいました。

まず、黒色壊死部は肉芽形成を阻害する蓋のようになってしまいますので、ゲーベンにて融解させ

踵部の黒色壊死をゲーベンにて処置し徐々に融解してきましたのでメスにて除去 黒色部はほぼ除去できました 感染しているのでネグミンシュガー処置




だいぶ治ってきました。こうした処置も褥瘡にとても重要なのですが、やはり除圧が肝なので、宅配などの包装などに使用されるプチプチで除圧材を作りました。とりわけこれは踵部に有効です。黒色壊死などの少し手間のかかる褥瘡なども壊死部除後に非常に短期間で治ります。制作費用0円、制作時間3分の非常に優れた除圧材であり、仙骨部など含めてあらゆる部位に応用できます。

逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

#踵部の褥瘡 #在宅医療における褥瘡管理 #在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります


Comments


bottom of page