top of page

誤嚥性肺炎

患者さんの最期の時が近づくと発熱などを起こし息苦しくなることもあります。

意識状態が悪くなると抗生物質の投与と絶飲食となります。点滴をされるとこれを自己抜去しないよう身体拘束される場合が多いです。

こんなイメージです。こうした拘束は患者さんの病状を益々悪くします。

自身の経験ですが、最後の時を迎える患者さんに点滴1本程度(水分として500cc)カロリーとして130-150kcal程度。ちょうどポカリスエット1本と考えるとイメージしやすいでしょう。こうした患者さんが逆に緩やかに病状回復するとことを稀ならず経験します。こうした患者さんに無理やり通常通りの点滴をすると①唾液や痰があふれてきます②浮腫(むくみ)が生じます③胸水、腹水が貯留します

植物が季節の終わり水を沢山あげると、水を処理できず早く傷んでしまいます。

死は生まれることと同様に『人としての尊い自然な営み』です。人生の最期をよりよい時間にするお手伝いできればと考えています。

写真は逗子在住山内明徳様撮影

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Comments


bottom of page