top of page

認知症を科学する


高齢者とりわけ軽度認知症(MCI)とされている方において認知症が悪化したとして

相談受ける場合の多くは、せん妄と呼ばれる病態です。これは認知症いわゆるアルツハイマー病の増悪とは明らかに異なります。せん妄とアルツハイマー病の違いは、上記資料に示しましたが、せん妄の原因としては環境変化による場合が多いことが特徴です。

特にMCIの病態の患者さんが入院とりわけICUに入ると症状がでやすくなります。こうした場合にベンゾジアゼピン系の投薬にて鎮静させるとさらに病態が悪化するので注意が必要なことは、次回以降詳述していきます。

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page