認知症を科学する~一般の方々へ


認知症に関しては、予防<危険因子の排除という考えが徐々に浸透してきております。

最近では、アルツハイマー型認知症における蓄積するタンパク質を除去する治療が注目されておりますが、認知症治療に携わる専門家は極めて懐疑的な意見が大勢です。

そして上図のように危険因子の排除により危険度を40%下げられることに注目すべきと私は考えます。