top of page

認知症を科学する~一般の方々へ


認知症の臨床診断にはFASTという評価が有用です。

そして、この評価法から2つのことが読み取れます。

1つは認知症とは、神経細胞が変性し、脳の機能が成長を遡っていく過程を示すことです。

認知症の患者さんは、進行するにつれて邪気のない子供へ還っていきます。

二つ目は、認知症と診断される前段階の軽症の病態に多くの高齢者が当てはまるということです。

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page