褥瘡を科学する


資料の様にドレッシング材を使用することも可能です。重要なことは、各ドレッシング材の特徴や創部の状態に合わせた大きさのドレッシング材を使用することです