褥瘡を科学する


外用薬の特性として疎水性基剤と親水性基剤があることを理解する必要があります

疎水性基剤:水分となじまず、少量の浸出物を創面にとどめ保湿、保護効果を示す

親水性基剤

乳剤性基剤:水中油型は乾燥した側面に水分を補給

水溶性基剤:浸出液を吸収する