褥瘡を科学する


浸出液コントロールの為には「なぜ、どんな性状の浸出液がでているのか」をしることが必要です。

浸出液が多い場合は壊死組織除去行い吸水性高く吸収した液体を戻さないドレッシング材を選択する。浸出液が少ない場合は、壊死組織に水分を供給し軟化させ自己融解を促すドレッシング材を選択します。

外用薬の選択は創面環境調整の概念に沿ったコンセプトに従って行います。