褥瘡を科学する


外用薬の使用で注意することは

壊死や感染の兆候が残存している状態で、肉芽形成や上皮化を促す外用薬を使用することは避ける

浸出物が少ない状況で吸水性基剤の外用薬用いると、ますます創面の乾燥が進んで創傷治癒が阻害される

創周囲に発赤生じた場合は、感染などの他に接触性皮膚炎の可能性も考慮する

といことです。