top of page

老年期うつ病の診断と対応~食欲不振で現れた老年期うつ病

施設入居中の90代女性。認知症あり。 

半年くらい前から食欲不振がみられました。食事の摂取量は、主食は全量摂れるが、副食は半分以上残すくらいでした。

また、食事の飲み込みが大変そうで、食事を口にため込んでいるとのことでした。

食事の飲み込みが大変とのことで、上部消化管の通過障害を疑いましたが、好きな物(お菓子)の飲み込みは悪くないとのことで、それは否定的と思われました。

食欲増進作用のあるドグマチール50mgを処方しましたが、食事摂取量はさらに低下し、トータルで2-3割くらいになってしまいました。

介護者よりさらに話を聞くと、ホールよりも自室の方が食べる、活気がない、下を向いていることがある、飲み込むのがつらそうに見えるとのことでした。

老年期うつ病を疑い、ドグマチールをトリンテリックス10mgに変更しましたが、食欲は全く改善しませんでした。

ご家族と相談したところ、病院での検査は希望なく、さらに食事摂取量が減ったとしても、老衰として受け入れるとのことでした。

そこで、トリンテリックスをリフレックス15mgに変更してみたところ、表情は明るくなり、食事は全量摂取できるようになりました。この患者さんにはリフレックスが非常に合いました。

また、同様の症例ですが腰痛にて体動困難であり寝返りもできない患者さんにトラムセットという弱オピオイド(弱い麻薬と同等の鎮痛作用ですが麻薬でない薬)を処方し、強い吐き気を生じた為ノバミンという吐き気どめを処方したところ、とても元気になり、本来こんなに活動的な方なのかと驚かされた患者さんもいました。プロクロルペラジンマレイン酸塩として不安神経症などの適応ある処方でしたが、老年期のうつを改めて再考させられました。

老年期うつ病はよくみられ(高齢者の約10%)、認知症とよくオーバーラップします。自律神経症状、不眠、食欲低下といった身体症状が認められやすく、希死念慮の訴えも多いです。背景には喪失体験(加齢に伴う身体機能の低下、死別、社会的役割の縮小)があります。

#老年期うつ病

#ノバミン


逗子在住山内明徳様撮影

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Commentaires


bottom of page