top of page

癌でない慢性疼痛の治療としてのオピオイド貼付剤~痛みに対する適切な管理方法

私自身脳外科医として働いていた頃の主要な対象は血管障害でした。いわゆるくも膜下出血、脳内出血、脳梗塞などと呼ばれる脳の血管の病気です。そして、もう一つのサブスペシャルとして脊椎外科の手術も行っており、一応脊椎外科の技術認定医でもあります。ただし、超高齢者においては手術という選択が難しい場合もあり、特に悩まされていたのは成人脊柱変形(いわゆる側弯症です)の患者さんでした。癌患者さんにおける疼痛管理はオピオイド(いわゆる麻薬です)の使用可能にて、ある程度の対応は可能であり、悩むということはありません。しかし、腰痛・下肢痛などにあらゆる投薬を行っても非麻薬性の鎮痛剤では効果なく、どんどんと薬が増えていく現状があります。

実際、足が痛くてほぼ終日ベッド上という患者さんの在宅診療の依頼が来て、デュロテップと呼ばれる麻薬性の貼付剤にて劇的に疼痛がコントロールされ大変感謝されました。

殆ど歩いている姿を見たことが無い患者さんが痛みから解放され毎日家の中を200歩以上歩いてます。暖かくなったら、外へ散歩に行きたいという言葉を聞くと、こうした投薬も常に検討すべきと改めて思わされました。

もちろん麻薬ですから依存性、呼吸抑制など慎重な管理説明が必要なので、できれば訪問薬剤指導が介入されて、家族がしっかりと理解管理できる環境が必要と考えております。

痛みは生命予後とは、関係なく痛くないに人にとって軽視されがちです。しかし、当事者にとっては本当に辛い症状であり、こうした症状へもきめ細かく対応していかなければと考えております。

#在宅医療

#慢性疼痛

#オピオイド貼付剤

#成人脊柱変形

#非麻薬性鎮痛薬

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります


逗子、葉山、横須賀、鎌倉を撮影される山内様の写真です

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

留言


bottom of page