top of page

栄養管理を科学する

嚥下障害とサルコペニアは密接な関係性あることを前回説明いたしまさしたが、サルコペニアの原因は5つです。

年齢、疾患、低活動、医原性、低栄養です。これらが摂食嚥下機能に及ぼす影響は

誤嚥性肺炎 舌・横隔膜の萎縮起こる

嚥下正常→2日間以上の禁食にて26%が摂食嚥下障害を発症(全員に全身性サルコペニア)

が挙げられます。


最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page