栄養管理を科学する

加齢による嚥下機能に及ぼす筋肉群として嚥下関連筋群が挙げられます。

この筋肉の役割は

嚥下時に舌圧を保持し、喉頭を引き上げる役割。

収縮により喉頭挙上、喉頭閉鎖。食道入口部が開く。

です。

加齢により嚥下関連筋群の筋力低下は

喉頭・舌骨の下方偏移

運動範囲狭くなる

挙上力低下

を引き起こします。

これにより、下記の症状をひきおこします

  • 喉頭挙上に時間かかる、運動量も多くなる

  • 誤嚥しやすくなる