栄養管理を科学する

腸管バリア機能とは?

気道や腸管などの粘膜における免疫系の首座としての抗体はIgAに依ります。

そして、腸管粘膜を重層的に保護する仕組みとしてGALT(腸管関連リンパ組織)が存在します。これは全身の免疫系に多大な働きをする仕組みです。様々な理屈をスキップした説明としてGALT(腸管関連リンパ組織)の維持保護には、腸管を使用する(=経口摂取、経管栄養)ことが、最も重要となります。つまり、腸管を使用することは、感染症にならないために重要であるという理屈となります。