栄養管理を科学する

簡易法による必要エネルギー量の計算は非常に簡単です。

その利点は

・エビデンスに乏しいが、計算が簡単

・多忙な臨床ではお勧め

上記より、必要あれば微調整すれば済むと私は考えております。