top of page

時々ジャズ評論

その一 ブラッド・メルドーさま

手元にCDないのでネットから画像拝借

身体を通して音楽と関係できない純然たる聞き手なので、語るか黙るかという二つの選択しかありあません。

語るとすれば ブラッド・メルドーがJazzのメインストリートを牽引しjazzに与えた衝撃とその圧倒的な影響力。 その音楽はあらゆるJazz言語に精通しているがため、そのカテゴライズが安易な論旨と精通しやすくその音楽への考察を阻害しノイズとなってしまいがちです。 ソロの冒頭はごく少ない構成音で構築され、旋律間の静寂こそが、彼の音楽個性を形容する一つであろう。 アドリブの組み立てはバッハの旋律のように明確かつシンプルで数学的です。 聞いていると、彼の音楽を語りたくなる、それがメルロー様。 ブラッド・メルドーさまトロピカルピーチジュースを飲んでいるかのよう Brad Mehldau’s drinking a glass of tropical peach juice


Comments


bottom of page