top of page

患者様宅でのレントゲン撮影可能となりました

患者様宅でのレントゲン撮影可能となりました


患者様宅でのレントゲン撮影可能となりました。

これにより診断可能な疾患、経過診られ疾患が増えることにより、より安全に安心して患者様を診ることが可能となりました。

重さ約3kgの軽量な撮影装置ですが、極めて高解像度の画像撮影が可能です。

患者様宅レントゲン撮影行うことにより診断可能となる疾患は数え切れません。

誤嚥性肺炎、胸水、腰椎圧迫骨折、大腿骨頸部骨折等

画像は脳外科医として血管内治療を行っていた時使用していた、プロテクター着用してのものです。

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療


最新記事

すべて表示

骨粗鬆症治療薬と高カルシウム血症の対策

エルデカルシトールに関して「エルデカルシトールによる高カルシウム血症と血液検査の遵守について」という文章が配布されました。 このような文章が配布される背景には、エルデカルシトールによる高カルシウム血症の症例が相当数あり、大きな問題になっているのではないかと推察されます。 骨粗鬆症治療薬であるエルデカルシトールは、同じ活性型ビタミンD₃製剤である、アルファカルシドール、カルシトリオールに比べて、骨密

Comments


bottom of page