top of page

心不全を科学する

心不全に併存する貧血の治療として、

  • 鉄剤投与(経静脈投与が望ましい)が必要です

  • 貧血の予防・LDA潰瘍の予防(PPI等)も重要です

  • エリスロポエチンは原則的に禁忌であることが最も重要であり RED-HF試験 鉄が利用できない

  • HIF-PH阻害薬は治療に関して可能性あります

  • #高齢者心不全 #貧血と心不全の関係 #腎性貧血、大球性貧血、鉄欠乏性貧血 #在宅診療 #心不全の新しい治療 #逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療 在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります。



Comments


bottom of page