top of page

心不全を科学する

心不全に処方してはいけない薬剤各論として最も重要な薬剤は、NSAIDs(ステロイド)と考えます。

その理由として

ナトリウムと水分を貯留させる

ブラジキニンの効果を減弱させる(ACEの効果↓)

心不全リスクが10倍上昇  Rotterdam Study

胃潰瘍→鉄血→心不全リスク上昇

COX-2阻害薬(セレコックス)も同様

その他αブロッカー、吸入β2刺激薬、SSRIも注意が必要です。

#高齢者心不全

#心不全患者に投薬してはいけない薬剤

#在宅診療

#心不全の新しい治療

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります。


bottom of page