top of page

心不全を科学する58

高齢者の血圧管理において」、大動脈弁狭窄症患者さんの血圧管理はどうすればよい?という問題があります。心臓の出口が狭く血圧を上げることにより、体循環を維持している側面あり、大動脈弁狭窄症=失神は非常によくあるエピソードです。

SEAS研究では

BP 140/90が治療対象であり、BP 120/70以下には下げないとしています。

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

#高齢者心不全

#高齢者の失神

#在宅診療

大動脈弁狭窄症

#心不全の新しい治療

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります。

コメント


bottom of page