top of page

心不全を科学する49


心不全×腎機能障害をどうすればよい?

腎機能評価の最も簡便なマーカーは?eGFR(糸球体濾過量)≒有効ネフロンのGFR×ネフロン数です。

心不全に伴う腎機能障害は、慢性と急性で区別する必要があり

慢性心不全により腎機能障害が生じる理由は、

  • 交感神経系の賦活化

  • RAS系の賦活化

  • 炎症・酸化ストレス亢進 ネフロンの脱落による非可逆的なものです。 一方、急性心不全により腎機能障害が生じる理由は、

  • 心拍出量低下に伴う腎血流低下

  • うっ血・右心不全による腎静脈圧の上昇

  • 腹水による腹腔内圧の低下

  • 利尿薬の使い過ぎ である、eGFRの低下一過性のものです。

  • You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より https://www.youtube.com/channel/UCMkHB9UwsqYXdxEAij9yD4Q #体循環#肺循環#心不全##心不全#HFpEF#BNP#ARNI 在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

Comments


bottom of page