top of page

完全網羅!褥瘡治療に必須のプチプチ除圧材 #黒色壊死 #在宅診療

アルツハイマー型認知症の患者さんで誤嚥性肺炎起こし、ベッド上での生活が長くなり踵部に黒色壊死を生じてしまいました。

まず、黒色壊死部は肉芽形成を阻害する蓋のようになってしまいますので、ゲーベンにて融解させ

踵部の黒色壊死をゲーベンにて処置し徐々に融解してきましたのでメスにて除去黒色部はほぼ除去できました感染しているのでネグミンシュガー処置

だいぶ治ってきました。こうした処置も褥瘡にとても重要なのですが、やはり除圧が肝なので、宅配などの包装などに使用されるプチプチで除圧材を作りました。とりわけこれは踵部に有効です。黒色壊死などの少し手間のかかる褥瘡なども壊死部除後に非常に短期間で治ります。制作費用0円、制作時間3分の非常に優れた除圧材であり、仙骨部など含めてあらゆる部位に応用できます

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

#踵部の褥瘡

#在宅医療における褥瘡管理

最新記事

すべて表示

高齢者の身体的拘束を考える:転倒リスクと尊厳の保持

Give me liberty, or give me death !( われに自由を与えよ,しからずんば死を) この言葉はアメリカ独立戦争の開始にあたり,ヴァージニア植民地協議会で,パトリック=ヘンリが叫んだ言葉だそうです。小学生の時にお婆ちゃんが買ってくれた学研シリーズで知った言葉です。話は少し逸れますが、子供の頃はこの学研シリーズが大好きでした。特に「できるできないの秘密」等、コピーライティ

Comments


bottom of page