top of page

在宅環境での胸水ドレナージの注意点

在宅診療において担癌患者さんには胸水貯留に伴う呼吸苦ある患者さんがいます。最近在宅診療において胸水の排液(間歇的、持続的いずれも)を行う患者さんが増え、常に当院でも胸水ドレナージ行う患者さんがいる為、少しまとめてみます

胸水貯留の患者さんにおいて医療的に在宅で行えるのは

① 利尿剤などにて胸水をひく

➤利尿剤は、本来アルブミンとの結合にて作用します。つまり低アルブミンの病状=低アルブミンの病状では、薬が効かない場合が多いです

② 胸水貯留に伴う呼吸苦を軽減する

➤在宅酸素による酸素投与、モルヒネなどの投与

③ 胸腔内に管を入れて胸水を排液する

特に③在宅での胸水ドレナージについて説明してまいります。利点・欠点、方法、管理上の問題点をまとめてみます。

方法として胸水を抜くストローとしての管にはいくつか種類があります

ソラシックカテーテル(単純なストロー構造です)

マルチチャンネルカテーテル(ストローが多重構造となり、通り道を階層化して閉塞を担保してます)

ソラシックエッグ(タマゴ様の形状で、へこまして陰圧をかけます。一方弁にて空気、胸水が逆流しない仕組みです)

アプピレーションキット(構造は極めて単純でストローを胸腔に挿入のイメージです)

間歇的穿刺とは、排液するごとにストローに類似する管をいれて胸水を排液する方法です。これらの管を入れておくことは、間歇的穿刺に比べて持続的に排液出来ますが、感染と気胸のリスクがあります

*気胸とは胸腔内は陰圧にて空気が入り、肺が萎んでしまう状態です

 

胸水を排液するところ

間歇排液では、都度排液します。ソラシックエッグを使用するないし在宅では

チェストドレーンバッグを繋ぐのが適切と考えます

利点としては電源不要、軽いことです

欠点は価格が少し高いことです

胸腔ドレナージにおいて一番怖い合併症は気胸です。胸腔内圧は陰圧にてそこに穴をあけて排液することは常に気胸=胸腔内に空気の入る合併症のリスクがあります。これを水封という仕組みで空気が入らず、胸水のみ排液できるようにています。

ただ、在宅で胸水排液における気胸リスクを回避するには、在宅環境でレントゲン撮影できる環境が必要と考えます。在宅におけるレントゲン撮影は、当クリニックでは下図のような重量3.5kgの極めて軽量なものを使用しています。

#在宅医療

#癌性胸水

#在宅医療での胸水排液

#在宅医療での胸腔ドレナージ

#高齢者の誤嚥

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

コメント


bottom of page