top of page

在宅医療におけるエコーの役割

僕自身が医師になった頃、頸部エコーの黎明期でした。

今では、ごく一般的な検査となりましたが頸動脈狭窄の診断に非常に有用であることが分かり始め、学会発表などでも一つのセッションになっていました。

なので、研修医の頃夜中にエコー室に入り手頃な被検者(大抵同期の研修医)を見つけて練習していました。

その頃のエコーは大きくて高い4桁万円ものが主流であったと記憶してます。

現在では、私のカバンにはパソコンとエコーが必ず入っており、

イレウス、蜂窩織炎、心不全、胸水、腹水、静脈動脈血栓症の診断に在宅医療では欠かせないツールになっています。

昨日も膵癌術後の腹痛で緊急往診伺い、下図のようなイレウスの典型像(キーボードサインと呼ばれるケルクリング襞の所見、腸管内容物のto-and-flow所見)にて連携医療機関へ連絡搬送し、深夜緊急手術行い、本日朝は目が覚めて元気にしていると朝電話頂きほっと一安心しました。

研修医の夜中にエコーを勉強してよかったと20数年後に実感した夜の帰り道でした。


最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

Comentários


bottom of page