top of page

医療におけるできることと、すべきこと

在宅医療において重度の患者を診ることも可能です。ただし、病院の医療をそのまま自宅に持ち込むことが必ずしも患者さんや家族の幸福や満足度につながるわけではありません。病院の医療を自宅に持ち込むことは容易ですが介護者やそれを支えるスタッフの疲弊につながります。何より自宅へ帰る選択をすること=病院を同じ医療を受けるということを希望しているわけではありません。

『医師にできること』と『医師がすべきこと』は異なり、医療の出発点は医師の考えでなく患者や家族のニーズということ注意しながら在宅医療は行われるべきと私は考えます。患者さんとその家族の満足を一緒に考えていく姿勢が最も重要と考えます。

逗子在住山内明徳様撮影

最新記事

すべて表示

骨粗鬆症治療薬と高カルシウム血症の対策

エルデカルシトールに関して「エルデカルシトールによる高カルシウム血症と血液検査の遵守について」という文章が配布されました。 このような文章が配布される背景には、エルデカルシトールによる高カルシウム血症の症例が相当数あり、大きな問題になっているのではないかと推察されます。 骨粗鬆症治療薬であるエルデカルシトールは、同じ活性型ビタミンD₃製剤である、アルファカルシドール、カルシトリオールに比べて、骨密

Comments


bottom of page