前年度の依頼講演について

5月になり前年度の講演会依頼を数えてみると15回(2021.4-2022.3)ありました。

医師会、医療専門配信会社、デバイスメーカー、製薬メーカー多岐にわたります。

臨床の本文は目の前の患者さんを誰より良い結果をだすことです。

一方で自身のインプットをアウトプットしたいという思いは、常に前進したい発展途上の身としてあります。

4.16

鎌倉医師会依頼

生涯教育セミナー(脳外科医が遭遇するリアルワールド)

5.28

バイエル、キャノンメディカル依頼

Stroke Prevention Conference

5.31

エーザイ依頼

Stroke & Epilepsy WEBセミナー

急性期脳卒中、時短の次に何が出来るか? ドラッグ リポジショニングの可能性について

6.15

第一三共依頼

Stroke Prevention Conference

2021.7.27 ファイザー依頼

Stop 脳卒中

高齢化・多疾患時代におけるLess is more 戦略

2021.7.28エーザイ依頼

急性期脳卒中、時短の次に何が出来るか? ドラッグ リポジショニングの可能性について

2021.7.29日本メドトロニクス依頼

神経障害性疼痛に関する脊髄刺激療法の有用性

2021.7.29 カネカメディクス依頼

iEDコイルの特性に関する社内勉強会

2021.8.5日本メドトロニクス依頼

It’s time to Solitaire

2021.8.24日本ケアネット依頼

高齢化・多疾患羅患時代におけるLess is More 戦略 脳卒中ガイドライン2021より

急性期再開通療法のこれから

The next step to time save

2021.9.28エーザイ依頼

埼玉南部脳卒中セミナー

急性期脳卒中、時短の次に何ができるか

Drug Repositioningによる脳保護可能性について

2021.11.15バイエル依頼

名戸ヶ谷脳卒中セミナー2021 -コロナ禍における脳卒中治療最前線-

2022.2.24大塚製薬依頼

認知症を科学する

2022.3.25第一三共依頼

褥瘡を科学する

2022.3.10ノバルティス依頼

CKDとCVD治療~世界腎臓デー特別企画